大井川の桧(ヒノキ)で作った積み木で遊ぼう

積み木は、子どもの想像力をはじめ、楽しみながら知識を身につけることができます。

今回、紹介する落合製材所の『木こりの積木ランド』は、大井川の桧(ヒノキ)で作った積み木です。

実はこの積み木、今注文が多く人気なんです。その理由を担当の落合さんに教えていただきました。

目次

大井川の木は、まっすぐ伸びる良材

落合製材所は静岡県島田市金谷、大井川の岸のすぐ側にあります。周辺は山に囲まれた自然いっぱいの地域。

温暖で雨量の多い気候から住宅建材用の杉や桧(ひのき)がよく育ち、昭和の頃は大井川を利用して間伐材を流していました。

「大井川の木は、とにかくまっすぐ伸びるんですよ」と落合さん。

そこには、気候と土壌。そして山を守る木こりの存在がおり、自然を活かしながら木材資源を循環させているからなんです。

実は間伐は、木材の調達だけでなく、木がしっかりと根が張れるように、山の働きを守るために行っているんです。間伐を行わないと木と木が密集しすぎて、根が張れず、土砂の原因にも繋がってきます。

落合製材所では、木材を成形するだけでなく、山の管理から一貫して運営しています。

そこで、もっと大井川の木のことを身近に知ってもらうため、2014年から積み木のイベントを始めました。

1万個の積み木から誕生した『木こりの積木ランド』

大井川の木の良さを知ってもらうために、地元のイベントを中心に、大井川の桧で作った『1万個の積み木』という企画を開催しました。

イベントを通して、積み木の楽しさ、桧の良さが口コミで広がり「家にも欲しい!」という要望から誕生したのが『木こりの積木ランド』でした。

大井川桧の積み木で遊ぶと軽くて温かいので、思わず布団のように潜っちゃう子もいるんですよ。

優しい手触りと安心・安全な積み木

積み木を作る上でこだわったのは、大井川桧の素材良さと優しい手触り。

良材な大井川の桧を使用し、職人が積み木に適正な箇所を見極め、成形しています。

面取りは職人の手で一つ一つ仕上げています。

左は丸型に成型した桧、右は職人が面取りした桧。

写真のように、手仕上げですので、柔らかさはもちろん、味のあるピースです。

またお子さんの誤飲防止に、積み木1個の大きさは4cmと大きく、無塗装です。

木こりの積木ランドを使ってみました

早速、積み木を使ってみました。

子どもたちが夢中で遊んでいます。

積み木はみんなで遊べるところも良いですよね。このあと祖父母も来て、家族みんなで積み木遊びに夢中でした。

癒し効果もある桧の香り

そんな桧には、フィトンチッドと呼ばれる癒し効果もあるんです。ストレスがたまりがちな巣ごもり生活にオススメですよ。

名入れのピースは、将来フォトスタンドに

ちなみに、落合製材所ではサービスで1ピースに名前と誕生日が入れられます。名入れのピースには切り込みが入っているのでフォトスタンドしても使用できますよ。

大井川の桧で作った積み木で遊んでみてね

大井川流域の山を守り、良材を育て、成形してできた大井川桧の積み木。今、地元の方や以前住んでいた方から問い合わせが多く、評判を呼んでいます。

この機会にぜひ『木こりの積木ランド』で遊んでみてください。

ご購入は落合製材所のHPへ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる