冬の健康管理に!「掛川深蒸し茶」を長峰製茶でお得に手に入れよう

テレビで取り上げられて以来、健康に良いと話題になっている掛川深蒸し茶。

この冬は特に健康に気をつけたい!と思っている方も多いことかと思います。

そこで!!今回は地元静岡県から、今こそ選ぶべき深蒸し茶をご紹介します。

目次

掛川深蒸し茶はこんな人におすすめ!

深蒸し茶は静岡県が発祥と言われており、煎茶とは違い、蒸し時間を長くして渋みを抑えた細かい茶葉が特徴です。茶葉には健康成分も豊富に含まれています。

特にお茶の渋みが気になる方や健康に気をつけたい方にオススメです。

味はお茶の甘みが感じられ、とろりとしたまろやか口当たり。また水色(すいしょく)はとても鮮やかな緑色。目にも嬉しい湯色が魅力です。

〜深蒸し茶が合うのはこんな人〜

  • お茶の渋みは少なめが良い
  • 茶葉の栄養をしっかり摂りたい
  • 濃いお茶が飲みたい
  • まろやかなお茶が好き
  • 美しいお茶の色を楽しみたい

お茶にもいろんな個性があるんです。

おいしいお茶、もっと探求してみませんか?

長峰製茶の「掛川深蒸し茶」を選ぶ理由って?

深蒸し茶は茶葉をたっぷり摂取できることから、高い健康効果が期待できると言われています。

しかし、深蒸し茶は細かい茶葉や茶粉ゆえに急須に詰まって使いにくい…という声も。

そのデメリット解消に取り組んでいるのが、長峰製茶の掛川深蒸し茶なんです!

仕入れの段階で

  • 水色
  • 濃度
  • 形状

を十分に吟味して厳選に仕入れています。

また、仕上げ工程でも、目詰まりの原因となる軽く細かい粉の部分は除外しています。

美味しさはもちろん、毎日飲みたいからこそ片付けの手間までよ〜く考えられているんですね。

「茶葉選び」と「職人」が違う!長峰製茶のこだわり

こだわり①:お茶の質を左右する茶葉の買い付け、担当は…?

茶葉の買い付けは社長自ら行っています。

「茶葉が良くないと、どう仕上げても美味しいお茶にはなりません。だからこそ、農家さんとの関わりが大事です。長峰製茶は、生産家と皆さまをつなぐ架け橋になりたいんです。」

茶農家こだわりの茶葉を、一番美味しくお客様に届けるために畑作りから関わっています。

お茶の品質を決める第一歩、妥協は一切ありません。

こだわり②:問屋の個性!金賞職人による茶葉の仕上げ

長峰製茶のお茶、味の決め手は3名の職人による仕上げ技術。

「荒茶による仕上げ技術競技大会」において金賞を受賞し続けている、茶師・鈴木輝幸さん。

「お茶の仕上げは、問屋の腕の見せ所。魂込めて作っています。農家さんが作ったお茶を、より美味しく飲んでもらうために、長所を伸ばして短所を抑えるのが僕らの役目。お茶本来の味を、お客様に伝えたいという想いです。」

鈴木さんは、その技術の高さから、ご本人の名を冠したお茶も販売されている程。

ぜひ一度味わってくださいね。

お茶好きが長峰製茶をリピートするワケ

長峰製茶の深蒸し茶は、ポットからお湯を注ぐだけで美味しいお茶が出るように仕上げてあります。

細かいことは気にせず、飲みたいときに美味しいお茶がすぐ飲めることは、とても贅沢なことですよね。

さらに、長峰製茶では1袋や2袋セットなど、お求めやすい単位から注文が可能。ポスト投函便で送料無料にてお届けしています。工場直販だからこそできること。とってもお手頃ですよ。

冬の健康管理に、ホッと一息できる美味しいお茶を長峰製茶で見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる